ACTIVITY 活動紹介 ACTIVITY 活動紹介

アート

特別展「Mute」2022.9/17(sat)~9/30(Fri)

盛岡城本丸の面影を唯一、今に伝える貴重な建物である「徳清」と、盛岡で最も古い洋風建築の「旧石井県令邸」。この二つの建物を会場に、新進作家の作品を展示する「Mute」を開催します。

第一会場となる徳清は、盛岡市の景観重要建造物に指定されているが、私邸ということから、一般客が入ることはなかなか叶わない貴重な建物。今回は、この会場に現代アーティストとして年々評価が高まる尾崎森平の新作を含む絵画10点余を展示し、そこに盛岡在住の作家、南海遊の小説がコラボレートする。

タイトルは「永遠の如き時間がかかる」(Until The Cows Come Home)。

ギリシャ神話に登場する牛に姿を変えられた悲劇の娘イオと、東日本大地震によって避難区域に取り残された牛という神話と現実を重ね合わせた 尾崎氏のStray Cowシリーズ初の大型作品で、安息の地を求めて永遠に彷徨う牛に、我々の生きる社会に対する象徴的意味を持たせた展示となっている。

第2会場の旧石井県令邸で開催されるのは、画家 長友心平と小説家 南海遊によるコラボレーション「安らぎはいたるところに」。

ここでは、物語が静かに流れる空間に、東北で10年以上、アート活動を続けて来た長友心平が瞬間 瞬間に気づいた「安らぎ」のかたち――柔らかな色彩の水彩画や、風景、人物、動物などの作品を展示します。

「この会場を訪れたときに哀切と祈りのイメージが湧き、それが驚くほど絵のコンセプトと合っていた」という南海氏。

県令邸の音の溢れる世界と、徳清の静寂な世界。その対比も本展示の見どころの一つとなっています。初秋の盛岡を散策しながら、ぜひ二つの会場を巡ってみてはいかがでしょうか。

 

いわてアートプロジェクト 特別展 Mute

入場券 1000円 (税込1100円)

前売り券 1000円(税込)小説のURL付

(2会場共通/会期中有効)

徳清会場 9/17(Sat)~30 (Fri)  休館日無し

平日   11:00~16:00  土日・祭 11:00~17:00

盛岡市仙北1丁目13-7

仙北町駅から徒歩5分※駐車場はありません

旧石井県令邸会場

9/17(Sat)~30 (Fri)  休館日無し

平日   11:00~16:00  土日・祭 11:00~17:00

盛岡市清水町7-51 バス浅岸線「下ノ橋町」 下車徒歩5分

※駐車場はありません

お問い合わせ 019-613-7781 I

watemiraikiko@lime.ocn.ne.jp